初めて格安のピーチ航空に搭乗し、仙台旅行に行ってきました

過剰サービスは不要

ピーチ航空 エアトリ

私が飛行機にのったのは関西国際空港で海の上にある空港です。
大阪からは伊丹空港のほうが断然近いのですが、発着料や施設利用料の関係で関西国際空港のほうが安いのだそうです。
ちなみに施設利用料は羽田空港が4,000円に対して関西国際空港は2,000円で済みます。
これらの料金は当然のことながら航空運賃に含まれていますので、普段あまり気にするものではありませんが航空運賃を安くするためには施設利用料を抑制する必要性があるためピーチ航空では関西国際空港を拠点としているという訳ですね。
さて、実際に搭乗して見て最初に感じたのが、携帯電話に例えると分かりやすいかもしれませんが、JALやANAなどは大手キャリア、そしてピーチ航空などは格安プランを提供している携帯電話の会社の関係性に似ていると言えます。
通常のプランから手厚いサービスを除外してシンプルにしたのが格安航空会社です。

アクセスも辺鄙な場所から発着する事でコストを抑えているという点も似ています。
通常の航空会社であればドリンクやブランケット、それに新聞や雑誌類は無料で提供されますが、その一方で格安航空では当然の事ながらブランケットの貸し出しはありませんし、ドリンク類も有料となります。
ちなみに費用はアルコールドリンクでなければ200円ほどでした。
私は飛行機を乗るまでの時間に搭乗口でお土産を買いながらドリンクを飲むようなタイプですので、こういった多少過剰ともいえるサービスを省いて飛行機代が安く抑えられるのであれば私にとっては嬉しい話です。

復興支援と牛タン過剰サービスは不要ビットコインなら簡単に乗れる